2016年3月9日の日食

 2016年3月9日(水)大館市で4年ぶりに部分日食が見られました。上空に薄い雲が広がっていたものの、太陽の欠け始めから終わりまで一部始終観察することができました。
 また、22度ハロ(内暈)が太陽の周囲を取り巻いたほか、22度ハロの上端と下端に接してタンジェントアークも見られ、日食現象に彩りを添えました。
 次回は3年後の2019年1月6日になります。冬休み中ですので、ぜひ観察してみてください。

3_20160309_111413_IMG_4178_cropped_400 

2016.3.9 11:14(食の最大) 秋田県大館市

 

概要

大館郷土博物館での見え方

 食の始まり:10時28分29秒ごろ (太陽高度42度)
 食の最大 :11時14分32秒ごろ(太陽高度45度)
 最大食分 :0.174(面積比0.085)
 食の終わり:12時00分47秒ごろ(太陽高度45度)

 

経過写真

eclipse20160309c_300

上の写真をクリックすると拡大します

 

印刷用はこちら(PDF420kB)

 

日食の間に見られた大気光象

 日食の間、上層に薄い雲が広がっていたため、太陽をぐるりと取り巻くように22度ハロ(内暈)が終始見られました。また、22度ハロに接するように、その上端に”上部タンジェントアーク(上端接弧)”、下端に”下部タンジェントアーク(下端接弧)”が見られた時間帯もありました。

IMG_4221_800

 

次回の日食

大館郷土博物館での見え方

 日時:2019年1月6日
 食の始まり:8時44分42秒ごろ (太陽高度15度)
 食の最大 :10時10分17秒ごろ(太陽高度24度)
 最大食分 :0.498(面積比0.378)
 食の終わり:11時43分32秒ごろ(太陽高度27度)

※なお、今後大館で見られる食分0.5以上の日食については、こちらに掲載していますのでご覧ください。


*本ページの日食開始時刻、食分等の計算は、NASAのSolar Eclipse Explorerによりました。

▲ページトップへ