大館神明社

大館神明社 外観大館神明社 内観

大館神明社 境内

 祭神は天(あま)照(てらす)大神(おおみかみ)、大年(おおとしの)神(かみ)、倉(う)稲(かの)魂(みたまの)神(かみ)。藩政期から大館町人町の鎮守である。元は小館花(現泉町)にあったが延宝3年(1675)現在地に移った。元の場所には古神明社がある。祭礼は9月10、11日。庚申塔(弘化3年)など信仰碑と奉納碑が多数ある。

地区 大館地区
種別 神社
所在地 大館市中神明町
備考 調査日:2012.5.26
種別 :神社
建立年:延宝3年(1675)
建立者:不明
場所 :大館神明社
▲ページトップへ