特別展「昭和~平成ロマン派 日本画展」(7/27~8/26)

※この催しは終了しました※

 戦後の日本画界では、復興と経済成長に支えられ、開放感・自由さにあふれた多彩な画家が登場しました。画家は自己の美術思想を前面に押し出し、明治・大正以上の豊かな表現世界を展開していきました。

 今回の特別展では、昭和20年以降に制作された日本画の中から、山本丘人、工藤甲人、堀越保二など25名の画家による44作品を展示します。昭和中期からの時代の息吹と移り変わりを、ぜひ感じてください。皆さんのご来館をお待ちしております。

特別展「昭和~平成ロマン派 日本画展」

と き:2018(平成30)年 7月27日(金)~8月26日(日)
           9時~16時30分(入館は16時まで)

休館日:月曜

ところ:大館郷土博物館(秋田県大館市釈迦内字獅子ヶ森1)

入館料:無料 (耐震工事中、入館料を無料にしています。詳しくはこちら

お問い合わせ : 大館郷土博物館(TEL:0186-43-7133)

大館郷土博物館「昭和~平成ロマン派 日本画展」ポスター(PDF_500KB)

チラシ(裏)(PDF_608KB)

(最終更新 H30.8.1)

▲ページトップへ