「大館郷土博物館 おひなさま展 & 滝川ふみ ガラス作品展」(2/9~3/21)

おひなさま展 2月9(金)~ 3月21日(水・祝)

 大館の老舗料亭・北秋くらぶの「慶応年間の男雛・女雛」kyodokn_ohina4を中心に、現代までの各種おひなさま25組・約700点(うち慶応年間から昭和初期までの押絵雛(おしえびな)205点)を展示します。

 今年は、部垂町の木村家から、市出身の実業家・木村泰治 (1870-1961) ゆかりの琴を借りて展示します。氏が生前にコレクションした「釈 無等の書」とあわせての特別展示です。

 

同時開催 滝川ふみ ガラス作品展

 市出身のガラス作家・滝川ふみさんのガラス作品展を特別展示室で開催します。

 滝川さんは秋田公立美術工芸短大を卒業後、富山ガラス造形研究所造形科で学び、仙台市などで活躍してきました。

 今回、当館の依頼により初めて地元大館での作品展が実現。お菓子のようにかわいらしい作品や、幻想的な風景を連想させる作品など、魅力的なガラス作品の数々をぜひご覧ください。

(左)「connect」2011年
(右上)「夜」2011年 (2012年 KOGANESAKI・器のかたち・現代ガラス展 入選作品)
(右下)「夜明け」2014年 (2015年 現代ガラス展in山陽小野田 入選作品)

おひなさま茶会  3月4日(日) 10時~14時

 恒例の「おひなさま茶会」では、市内で茶道のお稽古をされている「田村宗礼社中」の皆さんから入館者に呈茶(抹茶)のサービスがあります。また、10時30分から1時間ほど、琴の生演奏があります。

 琴の音色を聴きながら、おひなさまに囲まれて抹茶のサービスをお楽しみください。皆さんのお越しをお待ちしております。

詳細

と き:平成30年2月9日(金)~3月21日(水・祝)

    9時~16時30分(入館は16時まで)

     おひなさま茶会】3月4日(日)10時~14時

休館日:月曜(2/12は開館し、2/13休館)

ところ:大館郷土博物館(秋田県大館市釈迦内字獅子ヶ森1)

入館料:一般300円、高大生200円、小中生100円

 市内小中生無料、15人以上団体割引あり

お問い合わせ: 0186-43-7133

大館郷土博物館おひなさま展ポスター(PDF_247KB)

関連:「鳥潟会館 おひなさま展」についてはこちら(該当ページにジャンプします)

▲ページトップへ