ニホンザリガニを飼育展示中!

当館では、大館産ニホンザリガニの飼育展示をしています。普段は見る機会が少ないニホンザリガニを、ぜひ近くで観察してみてください。

展示場所:大館郷土博物館(秋田県大館市釈迦内字獅子ヶ森1)

展示開始:平成29(2017)年8月1日~

【大館市とニホンザリガニについて】

 ニホンザリガニは、北海道と北東北に生息しており、大館市の一部が南限生息地として国の天然記念物に指定されています。環境省のレッドデータブックによると絶滅危惧Ⅱ類に指定されており、各地で個体数の減少が懸念されています。

 大館市の天然記念物指定地周辺のニホンザリガニは、このzarigani_800100年、人間社会の影響で個体数が減少し絶滅が危惧されてきました。今後は状況改善に向けて、保護増殖を強化していきます。平成29(2017)年の秋からは人工増殖の研究を開始しました。

【関連ページ】

 ・ザリガニ生息分布調査の結果概要(2012年) 

 ・ニホンザリガニ目撃情報をお寄せください

   ・「研究紀要 火内 第13号」

 

注)飼育展示しているのは天然記念物に指定されている生息地のニホンザリガニではなく、市内某所(非公開)に生息している個体です。

▲ページトップへ