「戸嶋靖昌展ー我が胸にふるさとは永遠なりー」(7月22日~8月31日開催)

 大館郷土博物館は、画家・戸嶋靖昌(としまやすまさ、1934-2006)の展覧会を開催します。toshima_odatekyodokn_201508

 当館は2007(平成19)年、氏の遺作展「望郷50年 魂の画家・戸嶋靖昌展」を開催しました。この遺作展は、大館鳳鳴高校の同級生の方々ならびに、生前の氏の支持者である銀座・清澄画廊の田中孝一氏のご協力のもと実現したもので、これを機に清澄画廊から多くの戸嶋作品が当館に寄贈されています。

 今回の展覧会では再び清澄画廊のご協力を得て、戸嶋作品を皆さんにご紹介します。沢口小学校(現鷹巣中央小学校)の代用教員時代の作品など、約50点の油彩画を展示します。

「戸嶋靖昌展 ー我が胸にふるさとは永遠なりー」

と き:2017(平成29)年 7月22日(土)~8月31日(木)  ※月曜休館kyodokn_toshima_poster2017

    9時~16時30分(入館は16時まで)

ところ:大館郷土博物館(秋田県大館市釈迦内字獅子ヶ森1)

入館料:一般300円、学生・生徒・児童は無料

    15人以上団体割引あり

お問い合わせ : 大館郷土博物館(TEL:0186-43-7133)

 

「戸嶋靖昌展 ー我が胸にふるさとは永遠なりー」ポスター(443KB)

「戸嶋靖昌展 ー我が胸にふるさとは永遠なりー」チラシ(表)(212KB)

「戸嶋靖昌展 ー我が胸にふるさとは永遠なりー」チラシ(裏)(728KB)

 

▲ページトップへ