わくわくサイエンス「雪と氷の観察」を開催します(1/19)

 ここ大館市に暮らす私たちにとって、雪と氷はとても身近なもの。でも、意外と知らない ❝不思議❞ が隠されているんです。

 今回のわくわくサイエンスでは雪結晶の観察や、水が一瞬で凍る「過冷却水 (かれいきゃくすい)」 の凍結実験などを通し、雪と氷の不思議を体験します。

 参加したいかたは大館郷土博物館(TEL 0186-43-7133)にお電話ください。受け付けは12月21日(金)からです。

 なお当日あたたかくなった場合は、観察できない可能性もありますのでご了承ください。

wakuwaku_snow20171215-2詳細

日 時 : 平成31年 1月19日(土) 9時15分から10時45分まで
場 所 : 大館郷土博物館(秋田県大館市釈迦内字獅子ヶ森1)
参加費 : 無料
持ち物 : 筆記用具、防寒対策(帽子、手袋、長靴など)
講 師 : 大館郷土博物館学芸員(気象予報士)
定 員 : 先着20人(小学生以上)
受 付 : 12月21日(金)から開始し、定員になり次第締め切ります。
お問い合わせ : 大館郷土博物館(TEL 0186-43-7133)月曜休館、月曜が祝日のときは開館し翌日休館

自由観察編「今日の雪結晶はどんな形?」(12/26、1/8)についてはこちらkidsci_snow2

わくわくサイエンスについて詳しくはこちら

▲ページトップへ